第51回 骨盤の歪みの原因は、座り方にある!?

私たちは無意識に「日常のクセ」を出して過ごしています。
座る時間についてシドニー大学が「平均座位時間」を調査した結果、日本人の平均時間が世界で最も長く、420分(7時間)も座っているようなのです。
7時間…意識したことがなかった分、かなりの数字で驚きますよね。
不良姿勢を続けないためにも「ニュートラル」な姿勢を理解しておく必要がありますね。
今回は重要なポイントについて解説します。

 

こんにちは。

あなたの姿勢が心(感情)と脳(意識)を変えることでアップデート

正しいホメオスタシスで理想の未来を手に入れる

猫背矯正マイスター®の三輪裕司です。

一日3分読むだけであなたも綺麗な姿勢になれる!

猫背矯正チャンネルでは、猫背を知り尽くした専門家によるヒントやアドバイスを発信していきます。

 

正しい座り方の3つのポイント

 

① 椅子に深く腰掛ける

 

椅子には深く腰掛けて、背もたれにしっかり寄りかかりましょう。

 

② 体重は均等にかける

 

座った時のポイントはお尻の骨の「坐骨」です。

片側にだけ体重がのっているのは、あまり良くありません。

脚を組むなとは言いませんが、なるべく左右均等に意識しましょう。

 

③ 足裏を床に着ける

 

地に足が着けていられる状態を「グラウンディング」といいます。

脚をブラブラさせているとバランスが悪くなります。

 

 

オフィスの座り方のポイント

 

① パソコンの位置

 

パソコン画面は必ず真正面に置くようにしましょう。

 

② キーボードの位置

 

キーボードの位置は肘をお直角に曲げたときにちょうどいい位置にしましょう。

脇を締めながらデスクワークをした方が首肩コリは少なく出来ます。

反対に、脇があいていると「巻き肩」になってしまいますので首肩コリを引き起こしてしまいます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

出来ることなら、1時間に1回は立つことをおすすめします。

簡単なストレッチや、ちょっとした運動でも構いません。

じっとしていることっ事態があまり良くありません。

姿勢のバリエーションがあると、骨盤の歪みの程度は減っていきますので、是非意識しながら座ってみて下さい。

 

今回の内容へのご意見・ご感想・その他のご質問は、猫背矯正チャンネルまでお願いします。

 

 

 

ご質問はこちら

 

 

 

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

TOPへ戻る