第50回 ぎっくり腰の鎮痛剤は【ロキソニン】と【ボルタレン】どっちが良い?

コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令されたのち、ぎっくり腰で苦しむ患者様が急増しております。
そんな折、患者様からぎっくり腰の痛み止めとして飲むお薬に関して、質問を受けました。
今回は、鎮痛剤のことも含め、急性腰痛の対処法についてお話します。

こんにちは。

あなたの姿勢が心(感情)と脳(意識)を変えることでアップデート

正しいホメオスタシスで理想の未来を手に入れる

猫背矯正マイスター®の三輪裕司です。

一日3分読むだけであなたも綺麗な姿勢になれる!

猫背矯正チャンネルでは、猫背を知り尽くした専門家によるヒントやアドバイスを発信していきます。

 

ロキソニンのメリット、ボルタレンのメリット

 

ロキソニン速効性があり、ボルタレン持続効果が高い印象です。

私的には【頭痛・歯痛】には『 ロキソニン 』

【ぎっくり腰】には、『 ボルタレン 』の方が良いのではないかと考えます。

 

 

痛みの発生から48時間は冷やす!

 

痛い場所冷湿布氷水などで冷やしましょう。

『 ブラジキニン 』という炎症物質が盛んに出る時間が、痛み発生から48時間といわれています。

この間は、湯舟に浸かってはいけません。

ブラジキニンは、熱に反応してしまうのです。

ぎっくり腰の時は、シャワーで汚れをさっと落とすぐらいにしましょう。

 

 

3日以上「安静」にしていると回復は遅れる

 

安静は大切なのですが、いつまでも安静にしていますと筋力が低下していきますので、

結果的に回復は遅れてしまいます。

多少、痛みがあっても動くことが大切です!

もしも我慢できないくらいの痛みであれば、無理に身体を動かす必要はありません。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

無理な姿勢の持続や運動不足、急に体を動かした時、疲労や寝不足など、

様々な要因でぎっくり腰になります。

さまざまな対処法はありますが、決して無理はしないことと、整形外科に行き、レントゲンなどの画像検査をしてもらいましょう。

正しい対応が回復までの近道になります。

 

今回の内容へのご意見・ご感想・その他の質問は猫背矯正チャンネルまでお願い致します。

 

 

ご質問はこちら

 

 

 

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

TOPへ戻る