第46回 身長促進のための10ヶ条 パート2

20代~40代の方でも身長を伸ばすことができる!
10代なら更に伸びる可能性がある!
50代でも縮むことなく、身長のキープができる!
それが当院の目指している『 身長促進 』というものです。
今回は、具体的なノウハウの一部をお伝えしたいと思います。

 

こんにちは。

あなたの姿勢が心(感情)と脳(意識)を変えることでアップデート

正しいホメオスタシスで理想の未来を手に入れる

猫背矯正マイスター®の三輪裕司です。

一日3分読むだけであなたも綺麗な姿勢になれる!

猫背矯正チャンネルでは、猫背を知り尽くした専門家によるヒントやアドバイスを発信していきます。

 

 

身長促進のための10ヶ条 ~その5~

 

 跳躍運動で踵(骨)に長軸の刺激 

 

アメリカ ミズーリ大学のパメラ・ヒントン博士は、週に3回30分のジャンプ運動で骨量が上昇することを研究発表されています。

また、日本では、骨量のカギとなる骨芽細胞増殖ホルモン『オステオカルシン』に注目し、毎日50回の縄跳び運動で、分泌量が促進したことがわかっています。

その他、バレーボールやバスケットボールなどの競技でも、階段昇降でも、効果はあるといわれています。

 

 

身長促進のための10ヶ条 ~その6~

 

 ハードな筋トレは避ける 

 

身長193cmあると言われているスーパースター大谷翔平選手も、学生時代、野球の練習はするものの、ハードな筋トレは一切やってこなかったそうです。

学生時代にバキバキにトレーニングして鍛えている人で、(時に例外はあるものの、)低身長になってしまうケースが多いようです。

是非ともここは、やり過ぎに注意していただきたいです。

 

 

身長促進のための10ヶ条 ~その7~

 

【 記録と目標設定でマインドセット 】

 

これは出来たらでいいですが、身長計を買って毎日測定する、あるいは可能でしたら家の壁にチェックを入れるなどして記録をします。

毎日決まった同じ時間に記録するよう心がけます。起床時と寝る前と一日二回が理想的です。

恐らく、背骨と背骨のクッションである椎間板の中の水が減っているので、1~1.5cm程度は低くなっていると思います。

記録すると、より身長への意識が高まることと思います。

この意識のことを、マインドセットといいますが、かなり大事なことで、これがあるのとないのとでは、結果が違ってきます

目標設定をするといいでしょう。

何か月後に○○cmUPする!!という期限付きの目標を立てると、不思議と成果が出やすくなりますよ。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

次回で残りの3つをお伝えしたいと思います。

個人的な見解も入っておりますので、エビデンスがあるものばかりというわけではありませんが、数年に渡って身長に悩みを持った方々に色々とアプローチして成果のあることをまとめておりますので、参考にしてみて下さい。

では、また次回をお楽しみに!

 

今回の内容へのご意見・ご感想、その他のご質問は、猫背矯正チャンネルまでお願いいたします。

 

ご質問はこちら

 

 

 

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

TOPへ戻る