首・肩の痛み

  • 度々寝違いや筋違いが起きてしまう
  • ストレートネックだと言われた
  • 四十肩・五十肩で眠れない程の痛みがある
  • 首の痛みに加えて手のしびれがある
  • 投げたり振り抜いた時に肩が痛む

寝違いの解説と治療|名古屋市中区 月の輪接骨院

寝違いとは、起床した際に痛みで動かす事がしにくくなった首の状態を示します。ひどいものだと、動かしにくいどころか振り返ることすらできなくなります。
その病態は諸説ありますが、首の骨『頸椎・椎間関節』の関節軟骨面の炎症によるものだと考えられます。引き起こされる条件は、ずばり!頭を支える首の角度と身体の傾きに左右されます。速やかに痛みを取り除くためには、関節の炎症をIcing(アイシング・冷却)で抑えつつ、首の角度と身体の傾きを正す必要があります。

寝違えは一過性の痛みであることが多いのですが、中には頻繁に寝違いを起こされる方もいらっしゃいます。「治り損ねてくせになった」という状態です。この状態に陥った場合は、繰り返し寝違いを起こしてしまう理由が『猫背姿勢』にあると考えられます。その猫背姿勢を姿勢矯正で直していくと同時に寝具と枕の見直しを行うことが、繰り返す寝違いの根本治療となり得ます。

 

ストレートネックであることのリスク|名古屋市中区 月の輪接骨院

通常の首とストレートネックの首

首の痛みや肩の痛みでお悩みの方はもしかするとよくご存知の言葉かもしれません。
『ストレートネック』
病院のレントゲン検査や治療院などで姿勢分析を受けた時に指摘される事のある、首の骨の並びのクセを示します。この状態でいることによって、頭の重さが本来の何倍にもなり得るのです。

アメリカの整形外科医 ケネン・ハンスラージ氏の研究では、頭を前に傾けた時にかかる首や肩への負担の増加が著しいことが発表されています。(頭の重みが約5㎏とした場合、首の傾きが15度で12㎏、30度で18㎏、45度で22㎏、60度で27㎏・・・!)

当院の症例でも45度を超えたストレートネック患者の方がおられ、この場合は既に頸椎の変形が加わっている状態となります。

筋肉や関節にかかる負担の増加から神経への障害が加わっていくことで、症状を伴う『頸椎の損傷や椎間板ヘルニア』に陥る危険が高まります。この『ストレートネック』という骨の並びのクセの段階で治療にかかることができれば安心だと私たちは考えています。

 

四十肩・五十肩の病態と夜間痛の対応|名古屋市中区 月の輪接骨院

四十肩や五十肩は『肩関節拘縮症』という関節疾患です。
肩を動かす主動作筋の三角筋が極端に固まって伸び縮みができなくなり、肩を挙げることが困難になる病態が『四十肩』
その三角筋が固まった状態に加えて、関節の滑りを良くする関節液の濃度に異常をきたしてしまうと『五十肩』という病態になります。

四十肩・五十肩どちらにも起こる初期の病態は関節や筋肉の炎症を伴う『急性期』といって、多くの場合は就寝後に痛みが増してしまいます。関節や筋肉に腫れを生じ、神経や血管を圧迫してしまうことで重症化するのです。日中の痛みを我慢して体力が消耗してしまうことも十分考えられます。

お仕事が終わりご帰宅後にも肩の痛みやご不安が残るようならば、当院の夜間診療にお越しください。夜22時まで診療を行っております。迅速に対応させていただきますので、どうぞご安心ください。

 

頚椎椎間板ヘルニアと頸椎症|名古屋市中区 月の輪接骨院

首の疼痛誘発テストの例
首の痛みの代表的な疾患である『頸椎椎間板ヘルニア』『頸椎症』のことはご存知でしょうか?
確定診断は病院によるレントゲンやMRIといった精密検査によって行われますが、接骨院でも『疼痛誘発テスト』によって病態や病状を判断する事が出来ます。

頚椎椎間板ヘルニアの病態を引き起こす外的ストレスは「首の曲げ+ねじり」です。
頚椎の椎間板にいびつな圧力がかかって膨張することで、神経に触れて症状が出ます。
椎間板が裂けてヘルニアになっていたとしても、頚椎のねじれを取れば痛めた神経の修繕が行われていきます。

頸椎症の病態を引き起こす外的ストレスは「首の反り+ねじり」です。
ヘルニアよりも比較的、継続的な負担をかけ続けたことにより発症に至ります。
頸椎症の治療では、軟骨や頸椎に変形をきたしていることが多いため、炎症反応を取り除く事を重点的に行います。
炎症による腫れを消すことによって痛めた神経の修繕が進んでいきます。

当院のヘルニアと頸椎症の治療で共通しているのは、微弱電流治療器エレサスを使用する事です。
痛み初めの劇症期にはエレサスを使い患部の鎮静を行い、激痛をいち早く抑えていきます。
患部の腫れが減った後は、関節や椎間板周辺の軟部組織の修復に効果を発揮します。
手技と電療の最適な組み合わせを行うことで頸部疾患の改善にお力添えをさせて頂きます。

 

運動時に起こる肩のケガと治療のポイント|名古屋市中区 月の輪接骨院

スポーツをする人々のイラスト健康を保つために運動を日常に取り入れるのは非常に有意義なことだと思います。
しかし熱中するあまりお身体を痛めてしまうこともあるかもしれません。

肩に関して言えば、ケガのリスクのある場面と損傷する箇所は以下の様なケースが多く見られます。

 

  • 野球での全力投球による腱板損傷

肩甲骨の可動域が足りないことで、肩関節を支えるインナーマッスルにあたる腱板が痛まってしまう状態。

  • ゴルフでの繰り返すフルショットによる三角筋の炎症

胴まわりの回転が足りないことで、肩関節を動かす三角筋に過剰な負担が生じて痛めた状態。

  • テニスのサーブやバドミントンのスマッシュによる肩関節周囲炎

ウォームアップが足りない事で、上腕二頭筋の長頭腱を痛めた状態。

 

もちろんここにあげたケース以外にも、様々なケガが想定されます。
ケガの種類は様々でも、治療を進める上で考えることは共通しています。

  1. 痛みの強い炎症期は、アイシングと電療後のテーピングサポートをする。
  2. 痛みの質が緩和してからは、超音波治療にて組織を活性化していく。
  3. リハビリにて関節可動域を拡大させつつ、筋力強化に励む。

上記の3ステップをしっかりと行うことが大切になるのです。

 

治療メニュー|名古屋市中区 月の輪接骨院

猫背矯正®の猫背姿勢矯正

全身矯正

上半身矯正

名古屋市 月の輪接骨院 患者様の声

名古屋市東区 首、腰の痛み J.Oさん

Q:来院当初はどういったお悩みをお持ちでしたか?
A:身体全体のハリ。首まわりや腰、右肩(肩甲骨まわり)の痛み、重さ等

Q:施術内容について感想をお聞かせください。
A:先生のアドバイスや説明etc 普段にも役立てれるので助かっています。何度も”これでもかっ!”とほぐして頂いたりするので、良い感じです。自分の悪い所にピンポイントで当ててもらえるのも有り難いです。

Q:施術の結果はどうでしたか?具体的な変化や感想を教えてください。
A:来た時に身体の重みや辛さがほとんど和らいで帰れます。なるべく定期的に来れたらいいのですが、なかなか来れないので、いつも申し訳なく思っています(笑)ちゃんと通わなければ・・・。真っ直ぐ上を向いて眠れなかったのが寝られるようになった時は感動しました!!

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る