第31回:食欲の秋、なぜか左側の腰が痛くなるわけ…!?

”食欲の秋”とはいっても、ずいぶん秋を感じる月日が短くなり
一気に肌寒くなってきましたね。

この季節は美味しい食べ物が多いですよね。
私は秋にさんまとビールの組み合わせでとても幸せを感じます。

そんな食生活と「左側の腰痛」は、
身体のしくみ上大きく関係している可能性があります。

こんにちは。
心と姿勢を整えて脳を最適化。

絶対的な共感力で自己達成へ導く施術家
猫背矯正マイスター®の三輪 裕司です。

1日3分、読むだけであなたも綺麗な姿勢になれる!
猫背矯正チャンネルでは、
猫背を知り尽くした専門家によるヒントやアドバイスを発信していきます。

 

左側に起きる腰痛の根本原因とは?

不調な胃のイラスト

 

実は食生活の乱れによる胃の負担が左側に起きる腰痛の原因となり得ます。

 

暴飲暴食、早食い、寝る直前の夜食、
脂っこいものや辛いものなど、

胃への過度な刺激や負担が続くと
胃下垂を起こします。

(他の病気などでも胃下垂は起きる場合があります。)

 

胃下垂が起きると腸を圧迫してしまうため、

その結果、骨盤内の臓器にも負担をかけることになります。

 

自律神経系に乱れを起こしたり、

内臓の神経反射が起きて
腰部や背部の筋肉が張り出します。

 

結果、食生活の乱れは腰痛に繋がります。

解剖学的に胃の位置が中央よりやや左側にあるため、
左腰に負担がかかり、左側の腰が痛くなります。

 

まとめ

 

「左側の腰が痛い」とおっしゃる方にカウンセリングを行うと、

ほぼ100%近い方に「食生活の乱れ」があることが実際にあるため、

関係性は大いにあると思われます。

 

心当たりのある方は、
出来る限り可能な範囲で食事のコントロールをして下さい。

重労働をしていなくても、
長時間のデスクワークをしていなくても、
腰痛は起こってしまうのです!

要注意ですね!

 

 

猫背矯正®の猫背姿勢矯正

 

今回の内容へのご意見・ご感想・その他ご質問は、猫背矯正チャンネルまでお願いします。

▽お気軽にお聞かせください▽

ご質問はこちら

 

 

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る