第14回:反り腰に悩める方への猫背矯正のススメ

「反り腰」にお悩みの方は月の輪接骨院にも多く訪れます。
月の輪接骨院の施術による筋肉のエクササイズとストレッチで反り腰は直すことが可能です。
そして反り腰を直すことは猫背姿勢を直すことへの第一歩となるのです。

こんにちは。心と姿勢を整えて脳を最適化。
自己実現へと導く施術家、
猫背矯正マイスター®の三輪 裕司です。

1日3分、読むだけであなたも綺麗な姿勢になれる!
猫背矯正チャンネルでは猫背を知り尽くした専門家によるヒントやアドバイスを発信していきます。

 

31年続いた「平成」が終わり、新元号「令和」が始まります。
特別実感が多いのではないかと思いますが、年号が変わるだけでも社会経済の変化ってあるんですよね。
1人の評論家いわく、3兆円の経済効果があるらしいです。
これってすごいことですよね。
新しい時代のスタートを「良いきっかけ」にしたいものです。

月の輪接骨院にも悩める方が多く訪れます。
今回のテーマは「反り腰」についてです。
非常にお悩みが多いテーマのひとつではないでしょうか。

 

反り腰のチェック

施術家の男性

 

まずはあなたが「反り腰」であるかどうかのチェックです。

壁を背にして立ってみましょう。
踵を壁から5cmほど離して立ってみて下さい。

その状態から腰の後ろに手をまわして、
隙間が手が1枚分、あるいは2枚分くらいであれば正常と言えます。

それ以上壁と腰の間に隙間が空いていると
「反り腰」であると言えるでしょう。

ひどい方ですと壁と腰の間にげんこつが入ってしまう方もいます。

 

反り腰の弊害とは・・・

腰痛に悩む女性

 

「反り腰」の方は一見姿勢が良く見えがちなのですが、
「過前弯」といって腰椎にストレスがかかっている状態です。

それ以上反ろうものなら無理に反らせることになりますので、
痛みが出てしまいますし反対に前屈動作も苦手となります。

腰の可動域が狭くなるだけでなく、
股関節にも負担がかかっています。

 

反り腰の原因とは・・・

「反り腰」の原因は
骨盤・股関節が前傾していることと言えます。

骨盤や股関節が前に傾くことで腰に反りが出てしまうのです。

 

”骨盤・腰椎が前傾している状態”とは、

腰・股関節を前で支えている「腸腰筋」と
腰を後ろで支えている「多裂筋」という深層筋の「筋力低下」

「大腿四頭筋」と呼ばれる太ももの前側の筋肉の「過緊張」によって起こります。

 

原因がわかっていますので、
それに合わせたエクササイズを行う事で
反り腰の対策ができます。

 

まとめ

「腸腰筋」と「多裂筋」のエクササイズと
「大腿四頭筋」のストレッチで、反り腰の対策が可能です。

インナーマッスルを鍛えてアウターマッスルを柔軟にすることで
「反り腰」は直すことができます。

本気で「反り腰」を直すことは、
猫背を直すことの第一歩なのです。

月の輪接骨院の猫背姿勢矯正のメニュー内で、
その具体的なセルフケアの方法をお伝えしています。

猫背矯正®の猫背姿勢矯正

 

ぜひ、腰から綺麗な姿勢を心掛けて
新年号「令和」から体質を変えていきましょう!

 

 

今回の内容へのご意見・ご感想・その他ご質問は、猫背矯正チャンネルまでお願いします。

▽お気軽にお聞かせください▽

ご質問はこちら

 

 

 

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る