第10回:猫背は夜つくられる!?

過去のあなたの生活習慣が現在のあなたの姿勢を作っています。
現在のあなたの姿勢を本気で直すのなら、一つ一つの生活習慣を少しずつでもいいので見直してみませんか?

こんにちは。
意識を最適化して自己実現のための姿勢を作るスペシャリスト、
猫背矯正マイスター®の三輪 裕司です。

1日3分、読むだけで貴方も綺麗な姿勢になれる!
猫背矯正チャンネルでは、猫背を知り尽くした専門家によるヒントやアドバイスを発信していきます。

 

猫背は夜つくられる?

寝る猫のイラスト

寝ている間にも猫背は進行する!

本日のテーマは「寝ている時の姿勢」についてです。

人生の3分の1の時間を、我々は睡眠時間に当てています。

その無意識に過ごしている時間の中でも、
猫背姿勢は進行してしまっています。

 

「寝ている時ぐらい好き勝手な格好で寝かせてくれよ」

と思われる方は、この先は読む必要はありません。

 

今現在の姿勢を作ったのは過去の習慣によるものです。

猫背という「結果」をもたらしたのは、過去から現在までのあなたの「習慣」です。

 

猫背が本当に直る人は、「過去から現在」までの習慣を改めて行動できる人です。

猫背矯正の施術はあくまでも猫背を直す「きっかけ」です。

猫背矯正を受けたら未来永劫猫背が直るというわけではありません。

 

では、どのように寝ればいいのか?

そのポイントをいくつかお話します。

 

巻き肩姿勢で寝ていませんか?

寝ている女性のイラスト

仰向け寝の場合・・・

上向きで寝ている時の「手」の向いている方向なんですが、
手の甲が上に向いてはいませんか?

もし手の甲が上に向いているのであればなるべく改めて下さい

手の甲が上に向いているのであれば、
肩関節は「内旋」といって、巻き肩の状態になっています。

簡単なことではありますが、
手のひらを上に向けて寝てみて下さい

その時肩関節は「外旋」しています。

つまり、胸が開いている状態で睡眠ができるので、
血液やリンパの流れがとてもスムーズになります。

 

横向き寝の場合・・・

横向きで寝ている方は、枕の高さを調節してください。

どう調整するのかというと、
肩幅と同じ高さのものを用意して下さい。

低い枕を使っていると、寝ている間に下にしている方が圧迫を受け続けてしまいます。

反対に上になっている方のポジションですが、
縮こまって丸まってはいませんか?

理想は上になっている腕を伸ばして、
手首をお尻に軽くのせているぐらいが良いでしょう。

 

理想の枕の使いかた

あくまでも理想の話ですが、仰向け時と横向き時に使う枕を変えてみるのはいかがでしょうか?

あるいは仰向け時には枕を使わず、横向き時のみ肩幅の固さに合わせた枕を使用するのも良いかと思います。

 

まとめ

猫背は普段の日中の仕事姿勢であったり、
睡眠時の姿勢であったり、
ちょっとしたことを直すことで直る可能性があります。

猫背を直すのに高度な運動能力を必要とするわけではありません。

子供から高齢の方まで直すことは可能です。

あなたの行動こそが猫背を直す第一歩です。

色々とお伝えしていきますが、
あなたのやれることだけで大丈夫です。

早速、今晩の寝方を工夫してみてください。

 

今回の内容へのご意見・ご感想・その他ご質問は、猫背矯正チャンネルまでお願いします。

▽お気軽にお聞かせください▽

ご質問はこちら

 

 

 

 

 

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る