名古屋市中区 むちうち 20代後半 女性

交通事故に遭い、レントゲンでは骨のゆがみが写らず、MRIで調べても何ともなく湿布、痛み止めの処方と経過観察で病院の診察を終え、特別なリハビリもなく、1ヵ月後、お医者様から固定症状を提案されました。

首は斜めからは上に向けるのですが、まっすぐから上に向けなくて、お医者様に症状を訴えたのですが、むくんでいるからで、むちうち改善には時間がかかると言われ、
今、痛くて困っているのに、どうすればいいのか悩んで月の輪接骨院へ来院しました。

むちうちは元々、レントゲンやMRIには写らないことや、ちゃんと身体は良くなることを説明すると安心されました。

急性期の痛みは過ぎていたので、姿勢に変化が出せる状態でした。

首が楽にならない理由は、平衡感覚のバランスにあったので、姿勢を引き起こして首に微弱通電を行い、炎症を取り除きました。

施術後、「先生、良くなっているけれど、何をしたんですか?」と驚かれていましたが、姿勢矯正と背骨を整えることを積み重ねていきました。

保険会社の方もあと2ヶ月の猶予を下さると話し合いの末決まり、ゴール設定をして、治療・リハビリに努めて下さっています!

投稿日:2015/07/07

ブログ一覧

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る