猫背姿勢の美容上での問題、肥満との関係と痩せるコツ

名古屋市中区栄にある、伏見駅6番出口から徒歩3分

カワバタビル6階の月の輪接骨院です。

 

当院は平日の12時~15時までの1部と

17時~22時までの2部診療制です。

 

なお交通事故の患者様につきましては24時まで受付しておりますので、

お仕事帰りの深夜遅くなっても通って頂けます。

 


 

さて、本日も「猫背姿勢」にちなんだ情報をお届けします。

 

女性の永遠のテーマである美容には、

「肥満」という問題が大きく立ちはだかっていると思われます。

 

当院の患者さまの中にも「痩せたい」というお声を多く頂きますし、

「痩せるためにはどうしたらいいの?」というご質問も数多く寄せられます。

 

その方法をお伝えする前に、「肥満」について少し解説をさせてください。

 

 

肥満とは身体の中に脂肪を溜めすぎた状態を指しますが、

溜めすぎた理由を5つあげますので、

まずは敵を知るところから始めていきましょう。

 

【脂肪を溜めすぎてしまう5つの理由】

①乱れた食生活

②過度のアルコール

③睡眠不足

④ストレス

⑤運動不足

 

・・・以上の5つですが、これはおそらく

ほとんどの方がわかっていることだと思います。

ここからさらに掘り下げるのは、⑤の運動不足です。

 

運動不足の患者様からの

「どんな運動をどれくらいしたらいいの?」という疑問にお答えさせていただきます。

 

身体の機能を知り、「身体のどの部分を動かすことによって脂肪が落ちやすいか?」

というところに着目してみると、より目的達成が実現できると思われます。

 

よくスポーツトレーナーの方が

下半身は筋肉量が多いから、下半身のトレーニングをしっかり行うことで

脂肪が燃焼しやすいとおっしゃられます。

 

確かに正解ですが、スクワットに代表される下半身のトレーニングは

正直言ってハードなので、続かない方が多いのが事実です。

 

ですので、生理学的な観点から

より効率的に脂肪を燃焼できる身体の部分がどこかを知ることで、

そこを動かして脂肪燃焼効率を劇的に向上させることができるんです!

 

 

それはズバリ・・・

肩甲骨周辺の運動です!

 

なぜか・・・?

それは、肩甲骨周辺は「褐色脂肪細胞」が多く集まっている場所だからです。

 

「褐色脂肪細胞」は、一般的にエネルギーを蓄積する脂肪とは異なり、

熱エネルギーを生み出してくれる細胞なんです。

 

つまり、肩甲骨周辺の筋肉をより動かせば褐色脂肪細胞が活性化するので、

結果体脂肪が燃焼されるんです。

 

その反対に、長時間デスクワークなどで肩甲骨周辺にずっと動きが無く

猫背姿勢が長時間続いていると、褐色脂肪細胞は不活性化しています。

なのでどれだけ食事を減らしたりアルコールをやめたりしたとしても成果が出にくいんですね。

 

 

月の輪接骨院では、そんな美容上のお悩みも

猫背姿勢を改善して正しい姿勢の状態から

「肩甲骨のエクササイズ」をお伝えしています。

 

誰でも簡単にできて、成果が医学的にも有用である「肩甲骨エクササイズ」で

姿勢も改善しつつ、痩せやすい身体を手に入れてみませんか?

 

あなたからのお電話お待ちしております。

 

ご予約は052-221-7850までお電話か

LINE@にてご連絡ください!

LINE@おともだち登録はこちら

 

月の輪接骨院  柔道整復師 三輪 裕司

 

投稿日:2018/01/11

ブログ一覧

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る