「ギックリ腰」「寝起きの腰痛」は当院の骨盤矯正にお任せ!

こんにちは。

名古屋市中区栄にある、伏見駅6番出口から徒歩3分

カワバタビル6階の月の輪接骨院です。

 

当院は平日の12時~15時までの1部と

17時~22時までの2部診療制です。

 

なお交通事故の患者様につきましては24時まで受付しておりますので、

お仕事帰りの深夜遅くなっても通って頂けます。

 


 

さて、今回は「ギックリ腰」をテーマに解説をさせて頂きたいと思います。

 

季節の変わり目、気温の変化などでも集中する「ギックリ腰」ですが、

今年の夏から秋、そして冬を迎える10月11月には

例年を超える件数の「ギックリ腰」の方が当院にもお越しになっています。

 

ギックリ腰(急性腰痛)は、定義として発症後6週間未満の腰痛を指します。

意外ですが、症状の種類や痛みの強さ、痛くなる部位は無関係なんです。

 

 

実際にギックリ腰のきっかけとはどんなものがあるか、

以下にまとめてみました。

 

・咳やくしゃみをした時

・重いものを持ち上げた時

・洗顔や歯磨き時

・寝返りをした時

・中腰の姿勢で屈んだ時

・無理な体勢をとった時

・階段の昇り降りの時

・ゴルフなど腰をねじった時

 

など、これらはきっかけであって原因ではありません。

原因はストレスや生活習慣など様々ではありますが、

大半の方に言えることは「腰以外の筋肉の過度の緊張」があるということです。

 

 

 

「腰を前に曲げると痛い」という代表的な症状がありますよね。

実際に腰を曲げようと思うと、首・背中・腰といった背部の全ての筋肉を曲げる必要があります。

そのどこの筋肉が硬くなったとしても、腰は曲げられない状態になってしまいます。

 

そこで当院の骨盤矯正では何をするのか?ですが、

痛みが特に強い腰に対しては、理学療法やアイシング、コルセットなどの処置を

初期治療に限り行い、疼痛を減らす治療が主体になります。

 

そして腰以外の周辺の筋肉に対しては過度の緊張を緩和させていきます。

それによって日常生活においての「可動域」が広がり楽になっていきます。

 


 

 

このような動作時の痛みもありますが、

腰のお悩みでは「朝起きると腰が痛い」という方も多くいらっしゃいます。

 

寝姿勢のバランスが悪いことで腰に負担をかけているのですが、

少し解説させていただきますと、

頭・背中・お尻・踵

この4点のバランスが良い寝姿勢でないと、骨盤に負担がかかり

朝、起床時から腰が痛くなるのです。

 

 

月の輪接骨院では骨盤矯正で骨盤のバランスを整え、

「寝ている時の姿勢」の改善をかはります。

 

施術によってもちろん寝やすくはなりますが、

寝起き時の腰痛の方には

寝具の工夫のご指導に特に力を入れます。

 

睡眠時は疲労の回復、新陳代謝、ストレスの緩和など

腰痛に限らず大切な時間ですので、睡眠の質を高めたいですね。

 


 

 

はじめにお話した「ギックリ腰」や「寝起き時の腰痛」も、

痛みの軽減から消失、再発の予防まで

より元気な状態に持っていくことが大切だと考えています。

 

当院の骨盤矯正で、腰痛知らずの身体になって快適な生活を送りましょう!

貴方からのご連絡お待ちしております。

 

 

ご予約は052-221-7850までお電話か

LINE@にてご連絡ください!

LINE@おともだち登録はこちら

 

 

月の輪接骨院  柔道整復師 三輪 裕司

 

投稿日:2017/11/10

ブログ一覧

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る