軽度の事故でも、むち打ち症の治療は必要。

名古屋市中区栄、伏見駅から徒歩3分。

 

深夜診療のパイオニア、月の輪接骨院

深夜10時まで受付・診療中です。

 

※交通事故・労災の患者さまの治療は、深夜12時まで受付を行っています

 

おかげさまで、開業19年を迎えさせてもらっていまして

来年は20周年を迎えます。

 

これもひとえに皆様方から頂きました

ご愛顧の賜物であると思っています。

 

今後も、ますます皆様のお役に立てる様に

進化と発展を遂げたいと思っております。

 

今後とも宜しくお願い致します。

 

 

今回の発信では、

自動車事故の近況を

お伝えしていきたいと思っています。

 

御清聴の程、宜しくお願い致します。

 

 

この度、国土交通省が出してきたデータがありまして、

 

そのお話からさせてもらおうと思います。

 

 

これは2012年に掲げられました取り組みで

 

【交通事故の無い社会を社会を目指した、

今後の車両の安全対策のあり方について】

 

というものがあります。

 

 

今年、2017年には

10年計画の、5年中間報告がされました。

 

 

それによりますと

 

交通事故による死傷者数は削減目標に達したとされていますが、

 

負傷者数は削減目標に達する事が出来なかったという事です。

 

 

これはどういった事なのかと言うと

交通事故の無い社会を目指す上での取り組みを

「人・道・車」の3つ観点から改善目標を立てて得られた成果は

 

大事故の発生率は減らせれたのですが…

軽度の交通事故の発生は依然として高い様だという事でしょうか。

 

 

生死に関わる事故が減ったのは良い事なのですが

 

打撲や挫傷といった生傷を伴うケガやむち打ち症といった、

いわゆる軽傷を負ってしまった患者さん達は

たくさんいらっしゃるのです。

 

 

名古屋市中区栄・伏見駅からアクセス良好の

 

月の輪接骨院は、年間50件を超える交通事故を受け持ってきました。

 

現在は1000件を超える

交通事故によるケガの臨床経験を積ませていただきました。

 

現在も更新中で、毎日のカンファレンスで

更に交通事故患者さまへの治療と

保険会社との対応強化を行っています。

 

 

今回は、その症例経験と改善実績から

以下にむち打ち症の分類(解説と治療)について

お伝えしていきます。

 

あなたや、あなたの周りの

むち打ち症で悩んでおられる方々の

解決のきっかけになればと考えています。

 

 


 

頚椎捻挫型

 

〈症状・特徴〉首筋や肩、背中に張り・痛みがある

レントゲンでは異常がないと言われたが痛みがある…など

 

レントゲンでは見えにくい

筋肉や筋、靭帯の弛みによって

同じ姿勢を取り続けた時や、動きを出した時に

痛みが誘発されることがあります。

 

〈注意点と治療上のポイント〉

捻挫特有の痛みで、動き始めの動作に痛みが付きまとうという

初動作痛という症状があります。

軟部組織の修復を、電気治療によって行います。

 

術者の磨き抜かれた手先の触覚を活かして

微細なタッチで関節の捻れを補正し、整えていきます。

 


 

 

神経根症状型

 

〈症状・特徴〉首筋や肩にこわばりや痛み、だるさがある

手足がしびれる、上手く動かせない、感覚がおかしい…など

 

脊髄から枝分かれして出てくる末梢神経の根元部分が、

飛び出てきた椎間板に当たっている状態。

神経の伝達が悪くなったり、あるいは痛んだりしてしまいます。

 

〈注意点と治療上のポイント〉

身体や筋肉がこわばってしまいますが、

この状態は神経が興奮していて、力が抜けなくなっているからです。

筋肉をほぐしてもすぐに戻ってしまうのは、

先に神経の修復が必要だからなのです。

 

微弱電流治療器を使用して、神経内の刺激の伝達を促進して

鎮静作用を引き出す治療法を選択していきます。

 


 

バレ・リュー症候群型

 

〈症状・特徴〉普段は頭痛もちで無いのに、

片頭痛が出るようになった

めまい、ふらつき、耳鳴り、吐き気がしたりする…など

 

交感神経と副交感神経が障害されてバランスが崩れる事によって、

いわゆる自律神経失調に近い症状に陥る事があります。

血液やリンパ液の循環が上手くコントロール出来ずに、

症状の出方に不安定感がでます。

 

〈注意点と治療上のポイント〉

交感神経は身体の機能の働きを促進する様に働き、

副交感神経は身体の機能の働きを抑制する働きがあります。

この神経たちの働きが、どちらかに偏ってしまう事を改善していきます。

 

背骨の奥にある脊髄の上に沿って、微弱電流治療を行いながら

神経の伝達を整えて、リラックスが出来る状態に誘導していきます。

適切な治療を受けつつ、

症状や状態をしっかりと把握していくことが必要になります。

 


 

今回の発信では、

軽度の交通事故によって起こる可能性がある

むち打ち症のうちの3つの型を解説しました。

 

 

次回の配信では、

「脊髄症状型」「脳脊髄液減少・低下型」

詳しく取り上げたいと思います。

 

 

的確な判断と評価、

その判断を基に適切な治療。

 

月の輪接骨院の交通事故治療は、

あなたにとっての一番でありたいと思っています。

 

 


あなたからのお問い合わせを、お待ちしています。052-221-7850

 

月の輪接骨院 交通事故サポーター 松岡 淳

 

 

投稿日:2017/11/10

ブログ一覧

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る