当院の猫背姿勢矯正について

こんにちは。

名古屋市中区栄にある、伏見駅6番出口から徒歩3分

カワバタビル6階の月の輪接骨院です。

 

当院は平日の12時~15時までの1部と

17時~22時までの2部診療制です。

 

なお交通事故の患者様につきましては24時まで受付しておりますので、

お仕事帰りの深夜遅くなっても通って頂けます。

 


 

 

今回は当院の猫背姿勢矯正について詳しく解説させて頂きます。

猫背が気になる方、必見でございます。

 

 

当院でも「猫背を治したい」という方が毎日のようにおみえになりますが、

まず当院では”何故あなたは猫背を治したいか?”をお伺いしています。

 

すると、外見的・美容的観点から猫背を治したい方

症状を改善したいので猫背を治したい方と大きく分かれます。

 

しかしながら、正しい姿勢を維持することで症状が起きにくくなる、と考えるならば

施術としては同様の施術を行うことで症状も取れますし外見的にも美しくなれます。

まさに一石二鳥ですよね。

 

 

そして施術に入る前に丁寧な問診をして、

現状困っている症状なども把握をして姿勢のタイプを鑑別していきます。

鑑別している大きなポイントとして、全体の姿勢と骨盤の傾きを判断します。

 

全体の姿勢としては4つのタイプがあります。

 

①円背型猫背

文字どおり背中が丸まっている状態です。

背骨の硬さが原因で引き起こされています。

このタイプが最も多い型になります。

 

②前肩型猫背

このタイプは肩が内巻きになっています。

大胸筋や小胸筋・三角筋と呼ばれる胸から腕にかけての筋肉が縮み固まっておきています。

 

③顔出し型猫背

このタイプは首まわりの筋肉や肋骨、上部胸椎と呼ばれる首に近い背骨が硬くなっていたり、

後頭部に付着している筋肉も固く、顔が前に出てしまっている状態です。

 

④首なし型猫背

首肩まわりの筋肉が盛り上がり、首本来のカーブがなくなってしまっているタイプで、

①~③の他の3つのタイプの複合型です。

 

 

次に骨盤の傾きを調べます。

大きく2つのタイプに分かれます。

 

①前傾タイプ

腰が反ってお尻が出てしまっている状態です。

太ももの前に体重がのりやすく、背骨の張りがきつくなっています。

 

②後傾タイプ

前傾タイプと反対で、お尻が引っ込みすぎておなかが出てしまっています。

太ももの裏側の筋肉が張って負担がかかりやすくなっています。

 

①と②共に股関節まわりの筋肉が縮こまっています。

 

 

全体の姿勢の4パターンと骨盤の傾き2パターンをその方にあてはめていくと、

8つのパターンに分類・鑑別できます。

それぞれ緩めるべき筋肉のポイントも異なりますが、その方に合ったベストの施術(オーダーメイド治療)を

計画的に構築していくことで毎日の成果を実感して頂けます。

また、継続的に猫背姿勢矯正を行う事で肩こり、腰痛、頭痛や不眠、慢性疲労、

また内科系・呼吸器系の機能向上など身体の不調を取り除くことができます。

 

さらに健康的で美しい姿勢が手に入るのであれば、

姿勢を整える事は非常にメリットの大きなことだとは思いませんか?

 

 

月の輪接骨院で、あなたも本気で身体の不調を整えて快活に毎日を過ごしてみませんか?

ご連絡お待ちしております。

 

ご予約は 052-221-7850 までお電話か

LINEでメッセージをお送りください。

LINE@おともだち登録はこちら

投稿日:2017/10/20

ブログ一覧

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る