群発性頭痛について

こんにちは。

名古屋市中区栄にあり、

伏見駅から徒歩3分の月の輪接骨院です。

 

以前「頭痛」についての解説をさせて頂いたのですが、
より詳細に頭痛の特徴と当院でのアプローチ方法についてお話させてください。

「群発性頭痛」

 

 

「群発性頭痛」についてですが、あまり聞き慣れないかもしれませんね。

 

20代~40代の男性に多く、アルコールが起因して起こる頭痛です。

 

症状としては眼窩(目のくぼみ)周辺から側頭部にかけての一側性の頭痛で、

短時間のキリキリ突き刺すような痛みが毎日続きます。

 

目の充血を起こしたり涙が出たり、鼻水がでたり

もしくは鼻が詰まったりといった自律神経症状を伴います。

 

片頭痛よりも激烈な痛みで、

「目をえぐられるような痛み」と表現したりします。

 

眼の後ろ側を通っている「内頚動脈」が拡張して、

 

炎症を起こし痛みが出ている頭痛なんです。

 

月の輪接骨院では

痛みが出ている原因は「自律神経の亢進」によるものであるとして

 

●「神経の鎮静化」をはかる『手技療法』と

 

●「神経伝達の促進」をはかる『理学療法』

 

そして

●『ハイチャージ184』というハイトーン治療器の全身通電で

「全身のリラックス」を促して「副交感神経優位」の治療を施し、

群発性頭痛の寛解をはかります。

 

どこにいっても治らない「頭痛」を根本から見直して、

お薬に頼らない生活を手に入れてみませんか?

 

月の輪接骨院  三輪 裕司

投稿日:2017/10/06

ブログ一覧

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る