「ぎっくり腰・ぎっくり背中・寝違え」症状に注意!

こんにちは。

月の輪接骨院の三輪と申します。

 

7月も半ばにさしかかり、ますます気温が上昇しています。

寝苦しい夜が続きますね。

 

大雨や雷、湿気などお天気の変化に伴い、

我々の身体にも何かしらの変化をもたらしていることが考えられます。

 

その根拠といたしましては・・・

ここ最近来院される患者様に多い訴えにあります。

 

 

それは「ぎっくり腰」「寝違え」。

 

直接的な原因ははっきりしないが

身体の動きに極端な制限がかかり、

なおかつある角度に身体を持っていくと

激烈な痛みを発生させる、

いわゆる「思いもよらぬ痛み」です。

 

 

自分では身動きが取れず、やっとの思いで来院されます。

 

腰痛や首痛が多いのですが、

中には「ぎっくり背中」と言われるものもあります。

 

 

胸椎(背骨)のある一部が陥没しているがため、

肋骨、肩甲骨と言われる背骨を取り巻く骨組みに位置異常が起き、

周辺の筋肉に炎症があらわれて「どうすることもできなくなった」というケースです。

 

 

こういった症状が何故起きたのかと申しますと、

生活習慣のクセや疲労の蓄積、

さらには悪天候、室内外の気温差などの環境。

 

 

それらの条件が重なった時の身体の影響が

「引き金」になると考えます。

 

 

月の輪接骨院では警鐘を促すとともに、

 

平成10年からの数万件の症例を元に

 

現在「骨盤矯正」「猫背姿勢矯正」

 

骨格の位置異常や筋肉の炎症を理学療法と併せて

早期に対処して、回復に導いています。

 

 

「無理をしないでください」とは本音のところではありますが、

 

「無理しなければいけない場面」もありますよね。

 

ひどくなり過ぎる前に、当院にご連絡ください。

 

 

月の輪接骨院  三輪 裕司

投稿日:2017/07/14

ブログ一覧

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る