怪我は初期治療が大切です。

皆さんこんにちは!
名古屋市中区で痛みをとる治療に力を入れています。

月の輪接骨院です。

 

 

日々の生活や仕事で腕って使っていますよね。

重たい荷物を持つ時や転んで手をつくなどがあると思います。

 

普段、何気なく使っている為か腕の中でも特に手首を痛めて

来院される方が多いと感じています。

 

 

手首は他の部分に比べて衝撃を受ける

クッションが少ない部分になります。

 

その為、

衝撃が加わると骨と骨同士が圧迫を受けて

炎症を持ちやすい部分になります。(線維軟骨損傷)

 

 

他にも衝撃を受けた事によって

腕と手を関節している骨が

外側に飛び出してくる事もあります。(尺骨突き上げ症候群)

 

 

普段、腕を伸ばす動作より曲げる側の筋肉の使い過ぎで

伸ばす筋肉と曲げる筋肉との

バランスが悪くなって痛くなる事もあります。(屈筋優位)

 

 

月の輪接骨院では
初期に痛めてしまった怪我に対して

しっかり治療させて頂きます。

 

怪我は初期治療が一番大切になってきます。

放置しとけばそのうち治るだろうと考えがちになってしまいがちですが

酷くなるケースも考えられます。

 

初期に治療をする事で回復も早まります。

是非、痛みのない生活を送る為に些細な事でもいいです。

 

 

月の輪接骨院にお電話下さい。
お待ちしています。

柔道整復師 片桐 一輝

投稿日:2016/07/27

ブログ一覧

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る