新現代病「スマホ巻き肩」について

こんにちは。

名古屋市中区栄にある月の輪接骨院と申します。

 

当院は昼の2時から夜間まで診療しており、お仕事帰りや塾・部活動帰りでも

立ち寄っていただけるよう、日々皆様のお身体の不調と向き合っています。

 

 

さて今回のお話は、

以前メディアにもよく取り上げられ、近年現代人の生活習慣に欠かせない

「スマホ」です。

筆者である僕も普段からスマホを手にしています。

 

 

地下鉄・伏見駅の電車待ちの人達、又車内にいる人達に目を向けてみますと、

ほとんどの方がスマホを手にされている光景が見受けられます。

「スマホ」と「巻き肩」の関係について少し説明したいと思います。

 

 

「巻き肩」とは・・・

猫背の状態で、横から見た際に正中にあるべき肩が

前方に位置している状態を言います。

 

 

胸筋や腹筋が縮まって、反対に背中側の肩の筋肉や背筋が伸びている、という

表と裏のバランスが悪い姿勢が続くと「巻き肩」になってしまいます。

 

 

皆さん、スマホを1日使っていると時間も忘れて没頭している時ってありませんか?

 

なんだか肩が凝って、身体が固まってギシギシするという経験があると思います。

 

頭を下げて、猫背の状態で集中している状態を日々作り続けているんです!

 

運動不足とあいまって、放っておくと以下の症状が現れやすくなります。

 

 

・肩こり、肩のだるさ

・肩が痛くて手が上げられない

・頭痛、眼精疲労

・胃腸の弱体化    ・・・など

 

 

当院では、スマホ巻き肩対策として根本的な猫背姿勢を改善する

「猫背姿勢矯正」に力を入れています。

 

 

今回は「スマホ」に着目していますが、

もちろん「パソコン」でも同様の症状は現れます。

 

「スマホ」や「パソコン」は生活していく上で必要なものですが、

お身体の不調にも目を向けていただけると幸いです。

 

 

当院にて、巻き肩を解消して健康ライフを取り戻しましょう!

 

 

月の輪接骨院 柔道整復師  三輪 裕司

投稿日:2016/07/09

ブログ一覧

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る