整形外科と接骨院の違いは…成果が出せる症例の違いです。

皆さん、こんにちは。

名古屋市中区で痛みの改善に力を入れている

月の輪接骨院です。

 

今回の話は、整形外科と接骨院…

何が違ってどう通い分けたら良いのか?

という事を伝えたいと思います。

 

病院・整形外科は、あらゆる痛みや悩みが

いったい何が原因で起きているのかを調べてくれて

方針を立ててから、治療にあたってくれます。

患者様との相性や評判など、左右される要素ははありますが

日本の医師の診察にかかる事は、素晴らしい事だと思います。

 

しかし、その医師の治療だけでは救いきれていない

患者がいる事もまた事実です。

 

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷。

この分野で、私たち接骨院勤務の柔道整復師は

整形外科医と同じく、保険を使って上記症状の施術が出来るのです。

 

骨折と脱臼は、初回の応急処置以外は

(2回目以降の治療・施術は)医師の同意を得て行う事が出来ますし

開放性のけが(皮膚が裂ける・激しい出血を伴うもの)

以外の打撲・捻挫・挫傷というケガからの回復に関しては

接骨院の施術によってこそ、回復期間の短縮化は成されると言えます。

 

当院の施術は、従来の健康保険診療に加えて

一部・自費負担を頂いています。

 

このご負担金により

あなたに合った、治療法の選択はもちろん

平成10年の開院時から実践している

「成果主義」を、提供させていただいています。

 

急なケガからの回復や、交通事故対応&治療はもちろん

日常生活を過ごす上での健康面での悩み事など…。

 

月の輪接骨院に気軽にお問い合わせください。

 

月の輪接骨院 院長 松岡 淳

投稿日:2016/05/17

ブログ一覧

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る