整形外科との併用通院の必要性についてのお話です。

皆さん、こんにちは。名古屋市中区で深夜診療を行っています、月の輪接骨院です。

春です!もうすぐ4月になってしまいます。とっても早く1年が過ぎていってしまいました。

なるべく早くに決断をして、毎日の生活にメリハリをもって望む良い癖をつけたいものです。

 

今回のお話は「整形外科と接骨・整骨院の利用」についてお話ししたいと思います。

 

特に交通事故によるケガ、特にムチウチ症(鞭打ち症)での話がお伝えしやすいと思います。

 

総合病院や整形外科では、主に重篤疾患を治すことに長けています。

救急車で運ばれる様な、命の危険が伴う症状や、開放制の骨折(傷口がある大怪我)など

医師の手によってのみしか治せない症状があります。

当院からも医師による治療が最適であると判断するケースもあり、連携を取っています。

 

しかし、レントゲン検査で(異常が見当たらない)と判断されてしまうと

お薬と診察による経過観察がおもになってしまう事が多いようです。

その患者さまの症状が軽傷ならば、日に日に良くなっていかれるのでしょう。

しかし、経過が思わしくなかった場合には、

積極的な治療が必要な時期を逃してしまう事になります!

 

大怪我は病院医師へ、

ムチウチ症の治療には、当「月の輪接骨院」のような

「交通事故治療の症例数が多い治療院」を選んでいただきたいです!

 

ぜひ、お問い合わせをください。よろしくお願いします。

 

月の輪接骨院 院長 松岡 淳

 

 

投稿日:2016/04/01

ブログ一覧

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る