交通事故によるケガは「むち打ち症」以外にも「腰痛・腰の鈍痛」も多いのです。

皆さん、こんにちは。名古屋市中区で交通事故治療に力を入れています、月の輪接骨院です。

 

 

もうすっかり春なのか…暖かい日中が続きますね。

昼夜の寒暖差に気をつけて、衣類の着脱などで体調管理に気をつけたいですね。

 

さて、3月も大詰めです。皆さんは忙しい毎日を送られていらっしゃると思います。

しかしその気ぜわしい中、交通事故発生率は上昇しています・・・?!

 

年度末・新生活を迎える準備など、忙しさからか、気がせわしくなってきます。

そんな中に落とし穴があるのでしょうか…?くれぐれもお気を付け下さい。

 

今回お伝えしたいのが「ムチウチ症」と同時に発症する事が多い「腰痛・腰部鈍痛」です。

腰は、骨格も筋肉も大きく、本来は丈夫な部分です。

やはり月(にくづき)に要(かなめ)と書くだけあって身体の核を担っています。

 

普段は肩こりはあっても、腰が常時痛い方は比率的に少ないはず(?)です。

※あくまで統計です。

 

…が、実際は首のムチウチ痛だったはずが、特にデスクワークが多い患者さまには

後日になって腰痛や腰の鈍痛が高確率で発生しています。

首ほど鞭打つ感じはなくても、前後に衝撃が加わった際に

「腰椎椎間板」にダメージを負って、腰骨と腰骨の隙間が狭くなっているケースがあります。

 

当院の数多くの臨床経験に基づいて、首のむち打ちの治療に+して、腰椎椎間板への治療を行った

患者様さまの治癒経過が良い傾向があります。

※平成10年7月~当院調べによる

 

今現在、そして以前からの首のむち打ち症の後遺症でお困りな患者様がいらっしゃれば

是非とも「月の輪接骨院の交通事故治療」をご検討下さいますか。

 

もちろん電話でのお問い合わせだけでも結構です。

あなたの回復にお役立ちする事が出来れば、嬉しく思います。

 

月の輪接骨院 院長 松岡 淳

 

 

 

 

投稿日:2016/03/25

ブログ一覧

名古屋市中区 月の輪接骨院 お問い合わせはこちら

お問合せ 052-221-7850

LINE@で予約ができます!

ネット予約

TOPへ戻る